Macのテキストエディットは「標準テキスト」にしておこう


Mac OS標準の「テキストエディット」の環境設定を変えておこう

FileMakerでデータを整理していると、FileMaker以外のアプリとの連携において「スタイルのないテキスト」を扱いたい場面が多々発生します。Excelで整理してもいいのですが、電話番号の先頭にある「0」が除去されてしまうという問題が面倒な場合もあります。

そんな場合にはWindowsなら「メモ帳」でなんとかなります。一方Macなら「Jedit」などのスタイルなしテキスト前提のテキストエディタを使ってもいいのですが、これは有償ソフト。そこで標準ソフトである「テキストエディット」において環境設定を「標準テキスト」にして使うのがお勧めです。

ちょっとしたことですが便利なので、ぜひ活用してください。