FileMakerでクロス集計の基本ワザ


FileMakerは集計が自在にできますが、方法にちょっとしたコツがいるもので、そこが超えられずExcelに書き出して集計しているなどというお話しをたまに聞きます。そこでFileMakerにおけるクロス集計のテクニックをご紹介します。

FileMakerでクロス集計をするには繰り返しの計算フィールドを使う

FileMakerでクロス集計をするには繰り返しの計算フィールドを使う

このサンプルファイルでは、取引日と件数を記録したテーブルから値を月ごとに集計し、その担当者別と月別とをそれぞれ合計するというものです。

いくつかのフィールドがありますが、キモとなるのは「クロス集計_材料」という名の繰り返し設定された計算フィールドです。ここの計算式の意味さえわかれば、クロス集計はバッチリです。

ざっくり言うと、その取引が所属する月に対応する繰り返し位置に振り分ける、というものになります。結果として表示されている繰り返しフィールドの内容を確認すればわかりやすいでしょう。

本サイトでも何度か「繰り返しフィールドはいろいろな意味でダメなので使用禁止です」と説明しているのに、ここでは使っていますね。ダメなのは「繰り返しフィールドにデータを格納すること」なのです。これは絶対に避けるべき。一方、このような計算フィールドで使う場合は実はとても便利であったりします。

なお、総計はフッタパートに置いてもかまいませんが、最終行のすぐ下にくっつけるために「後部総計」パートを使っています。また集計結果を表示するレイアウトは、ボディパートを表示しないというテクニックを使っていますが、この状態でうっかりレコード削除をすると気がつかないところでデータを消してしまうことになるので、メニューから外して禁止しておくことをお勧めします。

このファイルを理解するのはちょっと時間を要するかもしれませんが、FileMaker的な処理のひとつの典型例であり、このテクニックを理解することで作るべきフィールド数を大きく削減できるので、ぜひとも活用してください。